油味噌 と 豆腐とねぎの卵とじ

190917.JPG

油味噌(あぶらみそ)。

長野の郷土料理の一つ。
「油味噌」という名前だけど、いわゆる「ナスとピーマンの味噌炒め」。
ナスとピーマンのおすそ分けを頂いたとき、「油味噌」がアタマに浮かんだのでした。

作り方は簡単。
ちょっと多めの油でナスを炒め、時間差でピーマンも投入。
砂糖と味噌をみりんで溶いた調味液で味を整えれば完成。
ちょっと「甘み強め」に味付けるのが信州流。
手間を惜しまないのであれば、ナスとピーマンをあぶらで素揚げしておくと、 色も鮮やかに仕上がる。
ナス、ピーマンとともにみょうがももらったので、薬味として使う。

もう一品は、「豆腐とねぎの卵とじ」。
豆腐と長ネギねぎをめんつゆで煮て、卵でとじただけ。
豚こま切れ肉など、何かお肉を加えようかともおもったけれど、今夜は肉っ気なしのおつまみで。

この記事へのコメント